読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越しで失敗しないためのコツをお伝えするblog

引っ越しをする際に安易に行うと失敗してしまうことも多いですよね。賃貸物件の場合、退去時に敷金返還などでモメてしまうこともよくあります。それでもなかなか引っ越しはやり直しがききません。引っ越しで失敗したくない方に、業者選びや物件選びのコツ、大家さんへの対応、退去時の注意事項などをご紹介します。

知っておきたい!引っ越し業者に値引き交渉ってできる?

「値引き交渉」をしたことがありますか?

 

家電量販店などで店員と顧客の価格交渉が取りざたされるようになり、「値引き」というサービスはいまや当たり前のようになってきました。

 

しかし、実際に行うのはすこし恥ずかしい…なんて思っている方もまだまだ多いのではないでしょうか。

 

そもそも引っ越し料金って値引きできるの?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、引っ越し料金こそ、値引きをしてもらいやすい分野になります。

 

見積もりをだしてもらい、その金額のままで依頼をする…なんていうことをしていると損をするかもしれません。

 

今回は、引っ越し業金の値引き交渉の方法と注意点についてご紹介していきます。

 

■見積もりは必ず複数社でとりましょう!

 

引っ越しをする際に、業者に頼もうと思ったら、まずは見積もりをもらわなくてはなりません。この見積書がすべてになりますので、大切に保管し、よく確認するようにしましょう。

 

見積もりを取る際に、すでに「この引越屋さんに頼みたいな」という業者があったとしても、必ず他の複数(大体2~5社程度)の引っ越し業者からも見積もりをとりましょう。

 

このように複数の業者から見積もりを取ることを相見積といいます。

 

引っ越し業者には「相見積をとってもらっています」と一言伝えるのもポイントです。

 

見積もりがすべて出そろったら、今度は見積もりの中身を検討していきましょう。

 

単純に値段だけの比較はできませんので注意が必要です。それぞれにサービス内容は異なるでしょうから、一つ一つ、同じ項目の金額から比較して、サービス面、補償面なども考慮しましょう。

 

そして、その検討した内容を営業担当者にぶつけてみるのです。「梱包材の料金はB社ではサービスだっていわれたんだけど…」などと、具体的な項目を挙げて交渉をしていく方が上手くいきやすいでしょう。

 

営業も仕事を請けるためにある程度の値引きは仕方がないと覚悟していますので、よほど無理な要求でない限りは譲歩してくれることも多いです。

 

また、複数の業者に頼むのが面倒だと思ったら、引っ越し一括見積サービスサイトなどを利用してみましょう。こういったサイトは1回情報を登録すると、同じ条件で複数の引っ越し業者から見積もりを取ることが可能です。

 

価格交渉のためには相見積は必須ですので、利用してみるのもよいかもしれません。

 

■1回目の見積もりで契約はしない方がイイ?

 

近年の引っ越し業者は、あらかじめ値引き交渉が入ることを前提で1度目の見積もりを提出することが多いです。そのため、1回目の見積書をみてそのまま契約をしてしまうと、通常の料金よりも高い料金を払うことになってしまうということにもなりかねません。

 

また、1度目の見積もりの際に「ここはサービスですから~」といわれることもあるかもしれませんが、そのほかの項目が割高になっていることもありますので注意が必要です。

 

1度目はその場で返事をせず、いったん落ち着いて考えてから申し込みを行うようにしましょう。強引な営業などは「いま即決してくれたら割引しますよ!」などということもありますが、そういった業者は顧客本位ではないといえますので、注意してくださいね。

大手の引っ越し業者と中小の引っ越し業者…どっちがイイ?

引っ越しをしようと思って引っ越し業者に依頼したいけれど、数が多くて迷ってしまう!という方も多いのではないでしょうか?

 

テレビなどのコマーシャルでも複数の引っ越し業者の名前をみかけることもありますよね。これらはいわゆる大手の引っ越し業者と呼ばれ、全国に支店を持っている場合が多いです。

 

インターネットの引っ越し一括見積もりサイトなどを見てみると、聞いたこともないような引っ越し業者の名前もあることでしょう。また、地元では有名だけど、他県にはない…といったような地域密着型の引っ越し業者も多くあります。

 

引っ越し業者は主に、大手と中小(地域密着型含む)の2種類に分けられますが、いったいどちらに頼む方が良いのでしょうか?

 

今回は、大手の引っ越し業者と中小の引っ越し業者のそれぞれ特徴についてまとめてみました。引っ越し業者選びの参考にしてみてください。

 

■大手の業者は安心感がある?

 

大手の引っ越し業者は、CMでも流れていることが多く、日本全国に支店が存在しています。そのため、たとえば沖縄から北海道といったような遠距離の引っ越しにも対応してくれる場合が多いです。

 

また、規模の大きな会社になると、お客様相談窓口のような専用の窓口もきちんとされていることも多く、些細な問題にも丁寧に対応してくれるような印象があります。

 

単身パックなど様々なパック料金もありますし、環境に配慮した梱包材や、スタッフ教育の充実、独自の保証サービスの充実などきめ細やかなサービスの提供がされている業者が多いです。

 

大手ならば変なことはしないだろうという安心感もあるのではないでしょうか。

 

しかし、そういったサービスや宣伝広告料などの関係からか、中小の引っ越し業者に比べると若干値段が高めになるのは否めないでしょう。

 

■中小の引っ越し業者は職人技?

 

中小の引っ越し業者の場合は、値段が大手よりも安価であることが多いです。また、大手引っ越し業者の画一化されたサービスと違い、依頼者それぞれの事情に対応してくれるという利点もあります。

 

しかし、名前も聞いたことのないような中小の引っ越し業者だとその業者が本当に優良な業者なのかそれとも悪質な業者なのか判断に迷ってしまう…という懸念もあるようです。

 

また、中小の業者の場合、引っ越し可能地域が限られていることもありますし、引っ越しの際の紛失や損害などの補償にたいして不安という声もあります。

 

そのため、中小の引っ越し業者にお願いしようと思う方は、気になる点はすべて直接聞いて確認をする必要があるでしょう。

 

そうはいっても、あらかじめどうしても出せる予算が決まっているときなどの価格交渉などにも柔軟に対応してくれるところが多いですから価格面にこだわりたい方にはオススメともいえます。

 

■アナタはどっち派?向いている業者を調べてみよう!

 

まずは、以下の項目を見て、当てはまる項目を数えてください。

 

・引っ越しまでの時間があまりない

・優柔不断でなかなか選びきれない

・ちょっと価格が高くてもサービスや品質を重視する

・引っ越し道具は高価なものやブランド物が多い

・ピアノなど特殊家財がある

・コミュニケーションが苦手

・カード払いをしたい

・スタッフが多い方がイイ

・荷造りから頼みたい

 

これらの項目にチェックの多い方は大手の方が向いているかもしれません。インターネットやクチコミなどを利用してご自分に合った業者を見つけましょう。

住みたい家に迷ったら!住居選びで注目すべき10ポイント

引っ越しが決まったけれど、住居選びに迷っている!なんていう方もいらっしゃるかもしれません。

 

様々な物件を見るともう、何がいいのかわからなくなってくる!という意見もよく聞きます。

 

物件を選ぶ時には、まずは住む地域を決め、その後に自分の中での絶対譲れない条件・出来れば優先したい条件・妥協してもよい条件などに分けて考えていくのが良いのですが、初めて引っ越しをされるという方だとこの条件について思い浮かばないという人もおおいでしょう。

 

今回は、多くの人が注目している住居選びのポイントを10個まとめてみました。物件選びに迷っているアナタ!ぜひ参考にしてみてください。

 

■住居選びで注目したい10のポイント!

 

住居選びに重要なのは住む本人が何を重視して物件を探すかということになりますが、その重視するポイントがなかなかわからないという場合もあります。以下の10ポイントは物件選びのときに多くの方が注目しているポイントです。

 

①駅からの距離

地方に行けばいくほど車社会といわれますが、それでも、駅からの距離というのは案外重要なポイントとなります。特に都市部や地方都市の場合車での移動が逆に不便になったり、駐車場料金が高かったりなど車に対して不都合な状況である場合が多いです。

 

また、学生の通学、会社への通勤を考えると、駅までの時間が短い方が良いですし、安全面を考えても最寄駅まで近い方がよいといえるでしょう。

 

②防犯設備

昔のアパートやマンションですとオートロック式の住居って少ないですよね。しかし犯罪率などで見るとやはりオートロックの方が犯罪発生率は低いようです。また、防犯カメラが設置してあるかどうか、ドアにモニターが付いているかどうかというのも防犯の面では重要になります。

 

③階数

高層階に住みたいという方もいれば低層階の方がイイという方もいます。それぞれ一長一短ですので、不動産屋さんに相談し、ご自分に合った階数を見つけましょう。

 

④バストイレ

ワンルームの場合、バストトイレが同じ空間に設置されているというケースも多いです。この形式はビジネスホテルや海外ではなじみがありますが、日本人には抵抗のある人もまだ多いですね。そのため、バストイレをどうしたいかというのは考えておきましょう。

 

⑤収納スペース

部屋が広いのに収納が一つもない物件というのもあります。そういった物件の場合は個人でクローゼットなどを購入する必要があるでしょう。物が少なければいいかもしれませんが、一般に、収納は床面積の7%程度は必要といわれています。

 

⑥スーパーやコンビニ、医療機関

家だけあっても生活できませんよね。普段買い物できるスーパーや徒歩圏内に内科や歯科などの病院があることも重要なポイントとなるでしょう。

 

⑦公共施設の有無

あまりかかわらないと思っていても、役所に顔を出す機会というのは多いものです。また子供がいると市民センターや図書館などに行く機会も増えますので、徒歩圏内にあると良いですね。

 

⑧治安・民度

なかなか一見しただけでは分かりづらいですが、電柱に落書きがしてあったり、ごみが散乱しているような地域は避けた方が無難です。

 

⑨防音設備

集合住宅の場合は特に隣や上の階の住人の生活音は気になるものです。ノイローゼになる方もいるくらいなので、防音設備には注目しましょう。

 

⑩日当たり

一般に東向きの部屋が良いとされていますが、昼夜逆転の生活をされている場合は、その限りではありません。また、周りに高層住宅が多いと日当たりが悪く部屋の中がなんだかカビ臭いなんていうこともあるので日当たりも重要なポイントです。

新築一戸建てに引っ越ししたい!準備はいつから?

新築の戸建てマイホームって多くの人が持つ夢のひとつではないでしょうか?

 

新築一戸建てに引っ越しをしたい!と考えて一体いつくらいから準備をすればよいのでしょうか?

 

新築一戸建てを購入してから引っ越すまでの期間はいったいどの程度なのでしょう。

 

■まずは住みたい土地を決めましょう!

 

新築一戸建てに住みたい!となった時にまず必要なのは土地ですよね。どの地域にすみたいかというのを決めるのはとても重要な作業です。

 

マイホームを持つと、地域や環境が気に入らないからといって、なかなか簡単に引っ越しをするというわけにはいきません。その先の人生一生住んでもよいくらいの地域を探す必要があるのです。

 

そして、住みたい地域が決まったら次に決めなくてはならないのは建売を探すのか、注文住宅にするのかということです。

 

■建売の場合は建築済みなら最短3か月程度で引っ越しできる!

 

建売というのは、ハウスメーカーなどが土地を購入し、その上に既に家を建てている状態の物件を買うということになります。そのため、間取りやキッチンシンク、お風呂やトイレなどは基本的には既に設置されているので自分好みに変更するとなると別途料金がかかります。

 

その際には、取り外し料や、処分費用に加え、新たな設置費用、材料費などがかかることになります。

 

建売の場合、土地も建物もセットで購入するという形をとられているところが多いです。この場合は実は新築一戸建てに入居するまでの期間が最短で3か月程度あれば可能となります。

 

もしキャッシュで購入をする場合はもっと短い期間で入居が可能となるでしょう。

 

多くの方が住宅を購入する際に住宅ローンに申し込みますが、その審査に1~2か月見ておいた方が無難です。また、契約後の手続きなどにも1か月程度かかりますので、3カ月くらいは見ておきましょう。

 

■注文住宅の場合は1~2年程度かかることも多い?

 

建売の場合は既に土地もあり、建物もある状態での購入となりますので、比較的短時間で新築一戸建てに引っ越すことができますが、注文住宅の場合は1年以上かかるケースもざらにあります。

 

土地を持っている場合は、そこに家を建てるので準備を始めて1年程度というのが多いようですが、土地が無い場合はまずは土地探しからしなくてはなりません。

 

土地探しは家づくりの中でも重要なポイントとなりますので、ご自分の納得いくまで探した方が良いでしょう。

 

また、土地が見つかっても、その土地に建物が建ったままの場合がります。その場合、解体作業などもしなくてはいけませんので、家の設計と合わせて進行しておくようにしましょう。

 

土地が決まれば今度は家の間取りや外観などの設計図を作る作業になります。これはハウスメーカーや、建築デザイナーなどに要望を伝えて出来る限り自分の理想をくみ取ってもらうよう何度も話し合う必要があるでしょう。

 

ここで妥協をしてはいけません。予算などの様々な条件があるかもしれませんがその中で最良となるようにしましょう。ここで通常3カ月から半年程度はかかるとみておきましょう。

 

家の設計図もできて、契約、ローン手続等も終わればいよいよ着工になります。通常着工から竣工まで4か月程度ですが、その時の社会情勢により材料や人材の確保が難しいと半年程度になる事もあるようです。

 

家が建てば様々なライフラインを整えて、事務手続きを行えば、入居することができます。ここまで早い人でも1年くらいは見ておいた方が良いでしょう。

 

家や土地との出会いは運も関係します。新築一戸建てに住みたい!と思い立ったら準備のはじめ時です。早すぎるということはないので、早めに動き出しましょう。

エアコンの取り外しや取り付けって自分でできるの?

引っ越しの際に案外忘れられがちなのがエアコンです。

 

エアコンを旧住居から新住居へ持っていく場合には、取り外しと運搬、取り付けという作業を行う必要があります。

 

また、旧住居が賃貸でもともとエアコンが設置されている場合は、それらをもって出ることはできませんので注意しましょう(窃盗になってしまいます)。

 

ご自分で購入されたエアコンの場合、設置は電気屋さんがやってくれたことと思いますが、その取り外しや取り付けは自分で行うことができるのでしょうか?

 

■自力でエアコンを取り外し・取り付けには知識と体力が必要です!

 

エアコンの取り外しや取り付けは自力で行うのはかなり困難だと認識しておきましょう。

 

普段から電気工事に携わっている方やDIYを良く行っていてかつ電気配線などに詳しい方などは可能かもしれませんが、電気に対する知識が一般程度の方が見よう見まねでエアコンの取り外しや取り付けにチャレンジするのは無謀です。

 

下手をするとエアコンの故障の原因となる可能性もありますし、きちんと取り付けが出来ていないと火災の原因になる可能性もあります。

 

また、取り外しの際に壁などを傷つけてしまう恐れもありますので、注意しましょう。

 

特に取り付けは専門的な知識と技術が必要となりますので、取り付けについては初めから業者に依頼しておく方が無難です。

 

どうしても自力で取り外しを行いたい場合は、インターネットの動画サイトなどでHow Toも公開されていますので、そちらを確認されてみて自己責任で行ってみてはいかがでしょうか。

 

■引っ越し業者と専門業者どっちがイイ?

 

引っ越し業者にエアコンの取り外しと取り付けをお願いできるかどうか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、オプションサービスとして対応しているところがほとんどです。通常の引っ越し料金に加算はされますが、きちんと取り外し、運送、取り付けまで行ってくれます。

 

また、引っ越し業者自体にはそのサービスが無かったとしても、取り外しや取り付けのための専門業者を紹介してくれる場合もあります。

 

この場合、旧住居近くの電気業者に取り外しを依頼し、新住居への運搬は引っ越し業者が行います。そして、新住居近くの電気業者に取り付けを依頼するのです。

 

引っ越し業者とは別に、個人で専門業者にエアコンについてお願いすることもできます。この場合、気を付けなくてはいけない点は運搬をどうするかということです。実は専門業者に運搬まで任せてしまうと、結構高額になるケースが多いようです。

 

専門業者は取り外しや取り付けは得意でも運搬が得意でないという場合も往々にしてあります。そのため、運送料として大きな金額を請求してくる場合があるのです。

 

専門業者に頼む場合は、出来れば取り外しのみ、取り付けのみとして、運搬は自力で行うか、引っ越し業者にお願いするかにしておいた方が無難でしょう。

 

取り外しや取り付けは機種に寄りますが大体最低価格で各5000円程度とみておくとよいでしょう。

 

元々引っ越し業者に依頼するのであれば、エアコンについても引っ越し業者に任せてしまった方が安心かもしれません。