読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越しで失敗しないためのコツをお伝えするblog

引っ越しをする際に安易に行うと失敗してしまうことも多いですよね。賃貸物件の場合、退去時に敷金返還などでモメてしまうこともよくあります。それでもなかなか引っ越しはやり直しがききません。引っ越しで失敗したくない方に、業者選びや物件選びのコツ、大家さんへの対応、退去時の注意事項などをご紹介します。

archive

荷造り中にでた不要品…いったいどう処分するのがお得?

荷造りをしていて出てくる不要品は、回収業者に引き取ってもらうか、人に譲るか、オークションサイトやリサイクルショップなどで売るようにしましょう。余計なものは新居に持ち込まないようにするのが大切です。

新居レイアウトをあらかじめ用意して引っ越し後も快適に!

新居のレイアウトをあらかじめ決めておき、引っ越し業者と共有しておくことによって、引っ越し後の新居への荷物の搬入がすっきり簡単に行えるようになります。

引っ越し業者にとって良いお客様とはいったいどんな人?

引っ越し作業をスムーズに終わらせるには、依頼者側も引っ越し業者が気持ちよく作業できるように色々と配慮をする必要があるでしょう。

覚えておいて!引っ越し業者にも各々得意分野があります

引っ越し業者によって遠方が得意な業者や単身引っ越しが得意な業者、梱包作業が得意な業者など得意分野が違います。こちらの要望と業者の強みがぴったり合うところを選ぶと良いでしょう。

初めての電話も要チェック!悪質引っ越し業者をさける方法

電話口での対応で、その引っ越し業者が悪質な業者であるのかはある程度判断できます。電話での対応がきちんとできないのに、荷物をきっちり丁寧に運ぶと言われても信用できないでしょう。

知っておきたい!引っ越し業者に値引き交渉ってできる?

引っ越し料金の値引き交渉なんて出来るのかなと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は引っ越し料金こそ値引き交渉しやすいのです。そのままの言い値での契約は損に繋がりますよ。

大手の引っ越し業者と中小の引っ越し業者…どっちがイイ?

大手の引っ越し業者と中小地域密着の引っ越し業者ではそれぞれに特徴が違います。依頼する側が何を優先するかで選ぶべき引っ越し業者が変わってきます。

住みたい家に迷ったら!住居選びで注目すべき10ポイント

引っ越しをしなくてはいけないけれど住みたい家がわからない!という方もいるかもしれません。多くの人が注目する10のポイントについてご紹介していきます。

新築一戸建てに引っ越ししたい!準備はいつから?

新築一戸建てに引っ越しをしたいと夢を見ている方も多いでしょうが、その準備に早すぎるということはありません。2年くらいかかる場合もありますので、早め早めに準備を行うことも大切です。

エアコンの取り外しや取り付けって自分でできるの?

エアコンの取り付けや取り外しについて自力で行うのは、実はあまりオススメできません。引っ越し業者のオプションサービスなども比較的安価でありますのでそちらを利用してみるとよいでしょう。

引っ越し先で荷物が全部収まらない!そんな時の対処法は?

引っ越し先の家の方が狭く、荷物が全部入りきらないなんていう事態もあります。そのようなときは、荷物をいったん預かってくれる引っ越し業者のサービスやレンタル倉庫などを利用するのもよいでしょう。

進学で一人暮らしになる方に!引っ越しを行う時のポイント

進学で初めて一人暮らしをするという方もいらっしゃるでしょう。進学での一人暮らしの場合は、まずは学業に専念できる環境を整えるようにしましょう。

単身赴任での引っ越し…気をつけなくてはいけない事とは?

仕事の都合で単身赴任をしなくてはならないこともあるかもしれません。単身赴任期間が短い場合は、家具家電を購入するより、それらが付いた物件を選んだり、レンタルサービスを利用した方がいいかもしれません。

引っ越しの際、インターネット関連はどうすればいいの?

旧住居のインターネット環境がそのまま新住居でも実現出来という保証はありません。そのため、新住居の環境を調べて、そのまま引き継ぐべきか、新規で契約し直すべきか検討しましょう。

自力で引っ越しを考えている方へ!トラブル対処法をご紹介

自力で引っ越しを行う際に様々なトラブルに見舞われてしまうこともあります。素人だけではどうしても運び出せないものなどもあるので、そのような場合は引っ越し業者に依頼をした方が無難かもしれません。

家族や友人の手を借りて自力引っ越しをするときの注意点

家族や友人の手を借りて引っ越しを自力で行う時には、家具の運び出しなど気を付けなくてはいけない点があります。スケジューリングなども自身で行う必要があるので手間がかかることを覚悟しておきましょう。

引っ越し費用の究極の節約?自力引っ越しは可能なの?

引っ越し費用を節約するために自力で引っ越しを行いたい!と思う方も多いかもしれません。自力での引っ越しと引っ越し業者にたのむ引っ越しは場合によっては費用がそこまで変わらない場合もあります。

勘違いしないで!引っ越し業者はなんでも屋ではありません

引っ越し業者は頼めばなんでもしてくれると思われがちですが、何でも屋ではありません。そのため、出来ないこともあるということと、急なお願いをしないということを気を付けましょう。

引っ越し担当者がアルバイトばかりだと問題ありなの?

引っ越し当日に来る担当者がアルバイトばかりだからと言ってその引っ越しが失敗するなんて言うことはありません。経験の長いアルバイトは新入社員よりも手際も良い場合が多いです。

車やバイクは乗っていかなきゃダメ?運搬を頼めるの?

車やバイクを運送する場合は、業者に依頼することも可能です。料金が結構かかることもありますので、運送してもらうのか、いったん手放すのかは見積もりを見てよく検討しましょう。

取扱い注意!引っ越しの際仏壇はどうやって運ぶべき?

仏壇の運送をどうすればよいのかわからないという方も多いです。宗派があり、普段から親交がある寺院がある場合はそちらに相談してみるとよいでしょう。大手の引っ越し業者ですと仏壇の運送に対応してくれます。

購入?提供?荷造りの梱包資材の調達はどうしたらいいの?

荷造りをするのに梱包資材である段ボールは必要不可欠です。スーパーなどから無料で引き取ることもできますし、ネットやホームセンターで購入することもできます。引っ越し業者に頼むことも可能です。

灯油ストーブやピアノ、芸術作品はどうすればいいの?

灯油ストーブやピアノ、美術品などの特殊なものを運搬してもらうには様々な手間がかかります。灯油はきちんと抜き取り、ピアノや美術品は専門の運搬業者に頼むのもよいでしょう。

文房具など細かなものを直に段ボールに詰め込むのはNG?

文房具や化粧品などの細かいものは引出から出し袋などにひとまとめにしてから段ボールに入れるようにしましょう。そのまま入れると中で暴れて傷がついてしまうかもしれません。

大変!もし荷造りが間に合わなかったら一体どうなるの?

引っ越しの荷造りが引っ越し当日までにできない場合は契約違反とされる場合もあるのです。そのような場合は引っ越し業者に梱包の手伝いを依頼することもできますが多くの場合は割高の有料となります。

え…本当に?引っ越し業者には運べないものがあります!

運べないものはない!と思われがちですが実は引っ越し業者が運ぶことができないものも存在します。貴重品などは自分で管理するようにし、ピアノや芸術作品、火器や精密機器などはあらかじめ相談しましょう。

一度は目を通しておいた方が良い!引越運送約款とは?

引越運送約款は引っ越し業者と依頼者との契約について重要な事項が書かれていますので、トラブル防止のためにも一度は目を通しておきましょう。多くの引っ越し業者で標準引越運送約款が採用されています。

どっちか正解?引っ越し業者に心付けは渡した方がイイの?

引っ越し業者に心付けは渡しても渡さなくてもどちらでも大丈夫です。心付けはちょっと…とお思いの方はペットボトルのお茶なども喜ばれます。

知っておきたい!引っ越し業者と起こりやすいトラブル3つ

引っ越し業者と起こりやすいトラブルとしては「料金トラブル」「荷物の破損・紛失トラブル」「部屋の破損トラブル」などがあります。トラブルに巻き込まれないために事前の打ち合わせも重要です。

意外と知らない…「引っ越しそば」ってどんなそば?

引っ越しそばは、引っ越し先で食べるそばではなくて、引っ越し先の近隣の方にそばを配る風習のことをいいます。現在ではあまり引っ越しそばは見られなくなりました。

人が住んでいる所にお引越し…同居人になる時にすることは

既に人が住んでいる所に同居人として引っ越しをする場合は、その物件が同居人OKかどうかをまず確認しましょう。そして、料金については同居する人と良く話し合いをしておくことも大切です。

意外と面倒?引っ越しのあいさつはどこまですればいいの?

引っ越しの時の挨拶をする方はめっきり減りましたが、それでも引っ越しのあいさつを行て悪いことはありません。旧住居でも新住居でも両隣や下の階の方、自治会長などかかわりのありそうな方には挨拶をしましょう。

知っていましたか?1畳の広さは実は一つじゃないんです!

同じ6畳の部屋なのに、広さが違う!と感じたことはありませんか?実はたたみ1畳分の広さは様々な基準があり、それにより部屋の大きさも大きく変わってきてしまうのです。

引っ越し祝いにもらってうれしいプレゼント5選!

引っ越しシーズンになると知人などでも引っ越しをした方がいらっしゃるのではないでしょうか?引っ越し祝いに何を渡すのか案外悩むものですが、もらってうれしかったという引っ越祝い5選をご紹介します。

引っかからないで…悪質な引っ越し業者の手口をご紹介!

引っ越し業者もたくさんあり、中にはとても悪質な業者があります。悪質業者の手口を把握しておくことで未然に被害を防ぐことができます。

知らないと損する?引っ越し時の見積りの見方お教えします

引っ越し業者から出してもらった見積りの見方がよく分からないという状態ですと、その契約が健全なものなのか判断が出来なくなってしまいます。引っ越しの見積書の見方をご紹介します。

戸建てから集合住宅への引っ越し…注意する事ってあるの?

戸建てから集合住宅に引っ越しをするときは、引っ越しをする側にも気を付けなくてはいけない点が様々あります。近隣住人の方とトラブルを起こさないために、今一度見直してみましょう。

仲介手数料がかかる物件とかからない物件の違いって?

仲介手数料のかかる物件とかからない物件の差は一体なんなのでしょうか?仲介手数料が安いからお得とは一概に言えませんので注意しましょう。

徹底解説!敷金・礼金0円って本当にお得なの?

敷金・礼金0円というコピーの物件を見かけることもありますが、このような物件は本当にお得なのでしょうか?

知りたい!旧住居の電気ガス水道はどうしたらいいの?

旧住居の電気ガス水道はきちんと解約を行わないとそのまま継続して料金を支払う必要がある場合があります。また、閉栓のときに立ち会う必要があるものもありますので、引っ越しが決まれば早めに対応しましょう。

引っ越し業者を困らせないために…段ボールは重さに注意!

引っ越しの荷物を詰める段ボールは出来るだけ数を減らしたいものですが、本などを詰め込みすぎるとひと箱の重さが重すぎてしまい、かえって引っ越し業者が困ることになりかねません。

大金でびっくり?初期費用っていったいなんでかかるの?

初期費用に家賃5~6か月分がかかるということをご存知の方は少ないようです。引っ越しの際にたくわえが無いと契約ができないなんて言うことにもなりかねませんので、初期費用についてもきちんと検討しましょう。

忘れないで!内見のときに特にチェックする10のポイント

物件を内見するときに、ただぼーっと見てゐるだけではもったいないですよね。内見のときに注目するべき10のポイントについてご紹介しています。

不動産屋さんに行く前にやっておいた方がイイこと5つとは

引っ越ししたいと思ったときに何も準備をせずに不動産屋に行っても空振りになる事も多いです。きちんと準備を行っておいた方が良い5つのポイントをご紹介します。

街の不動産屋さんには実は様々なタイプがあった!

街の不動産屋には全国の大手タイプと地域の大手と地域密着の小型タイプなど、様々なタイプの不動産屋が存在します。一長一短ですから、ご自分に合った不動産屋を見つけましょう。

当たり外れが大きい!不動産屋さんを見極めるポイントとは

不動産屋の中にも優良不動産屋と悪徳不動産屋が存在します。出来れば優良な不動産屋に当たりたいですよね。見極めるポイントをいくつかご紹介しています。

教えて!引っ越し見積り一括サービスは本当に便利なの?

引っ越し見積り一括サービスは大変便利と言われていますが本当でしょうか?またデメリットは無いのでしょうか?引っ越し見積り一括サービスについての詳細をご紹介しています。

賃貸から賃貸へ引っ越し…旧住居の退去日はいつにする?

賃貸から賃貸へ引っ越しをするときは、2重で契約している期間を作ると引っ越しがスムーズにいきます。じかんにゆとりがあるなら旧住居の退去日は引っ越し予定日の2~3日後がベストでしょう。

ペットも一緒にお引越し!ペットの運送はどうしたらいいの?

ペットも一緒に引っ越しを行う際は、ご自分で運送する方法と業者に依頼する方法があります。引っ越し業者のオプションサービスもありますが、より安心安全に運びたいならペット輸送専門業者に頼むのもよいでしょう。

各機関の住所変更手続きは引っ越したら早めに行おう!

住所変更を行う際に各機関へと申請をしなくてはいけませんが、まず第一に行う必要があるのが転入届です。転入届を行い、住民票を得ることが出来れば、様々な住所変更がスムーズになります。