読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越しで失敗しないためのコツをお伝えするblog

引っ越しをする際に安易に行うと失敗してしまうことも多いですよね。賃貸物件の場合、退去時に敷金返還などでモメてしまうこともよくあります。それでもなかなか引っ越しはやり直しがききません。引っ越しで失敗したくない方に、業者選びや物件選びのコツ、大家さんへの対応、退去時の注意事項などをご紹介します。

まさか…敷金返還トラブルに巻き込まれた時の対処法とは?

敷金返還トラブルは関係ないと思っていても、案外巻き込まれてしまうことも多いです。敷金返還について納得のいかないことがあったら、泣き寝入りせずにきちんとご自分の主張をしましょう。

死活問題?ライフラインの変更手続きはお早めに!

電気・ガス・水道などのライフラインは引っ越し当日から使えるように手続きをしておかないと生活が立ち行かなくなってしまいます。事前に申し込みを行いましょう。

銀行口座やクレジットカードの住所変更手続きは必要?

銀行口座やクレジットカードの住所変更は忘れがちですが、連絡を怠ると、口座凍結やクレジットカードの強制解約などの事態にならないとも言い切れません。忘れずに行うようにしましょう。

引っ越し時に子ども関連でしなくてはいけない手続きとは?

引っ越しのときにお子さんの関連でしなくてはいけない手続きは案外多いものです。転校手続きや、保育園・幼稚園の手続きなどがある場合は、早め早めの準備や情報収集がカギとなります。

知っておこう!郵便物の転送手続きはどうすればいいの?

郵便物の転送届を忘れていると、いままで送られていた郵便物が届かなくなってしまうこともありますし、最悪の場合第三者に情報が漏れてしまうこともあります。インターネットでもできますので忘れずに行いましょう。

妊娠中の引っ越しは負担の無いようにゆとりを持って行おう!

妊娠中はできれば引っ越しなどストレスがかかることはしない方がイイですが、どうしても妊娠中か産後に引っ越しの必要がある場合は、安定期に入った妊娠中の体調の良い日に行いましょう。

引っ越し前にしておきたい役所への手続きって何があるの?

今住んでいるところから他の市区町村へ引っ越しをする場合には、引っ越し前に転出届など様々な手続きを役所で行う必要があります。忘れると大変面倒なことになりますので注意してください。

流れを知って計画的に!退去時のスケジュールとは?

旧住居の退去と新住居への入居を同じ日に行おうと思うと、とても忙しい1日となるでしょう。スケジューリングをしっかりし、無駄な時間を過ごさないようにしましょう。

教えて!旧住居の掃除ってどのくらいすればいいの?

旧住居の掃除ですが、通常の掃除に加え、油汚れや、カーペットのシミとりなどにも挑戦してみましょう。ただし、自己判断の無理な原状回復は返って違和感を与えてしまい、修繕費を払う必要になる可能性もあります。

旧住居を退去するときは出来るだけきれいな状態にしておこう

旧住居を退去するときに掃除をすることは時間もかかりますし面倒ですが、必ず行うようにしましょう。旧住居を出来るだけきれいな状態で引き渡すことは、敷金の返還を多くすることにもつながります。

数が多くて悩む引っ越し業者の選定…そのポイントとは?

引っ越しっ業者の数が多く、その選定には一苦労ですよね。安易に価格が安いからと選んでしまうといざ引っ越しのときにとんでもない事態になる事もあるのです。引っ越し業者の選定のコツをご紹介します。

きちんと知っておこう!賃貸契約書に記載されていることとは

賃貸契約書の中身をよく確認せずに契約書に署名捺印をしてしまうと、後々のトラブルの元となります。契約書には重要事項が書かれいますので、十分確認するようにしましょう。

案外大変…荷造りを行う際の順番はどうしたらいいの?

荷造りを行おうと思ってもなかなか手が付かないこともありますよね。荷造りはまずシーズンオフのものから行うようにしましょう。頻度の低い物から片付け、当日は朝使用したものを片付けるだけにしましょう。

手間暇かけて…物件の下見はできるだけ2回行うのが吉!

物件の下見は可能であれば、時間と曜日をずらして2回行いましょう。出来れば平日、休日と分けた方がよいです。また、最寄駅から物件までの環境の確認も忘れずに行いましょう。

インターネットで物件探し!注意することってあるの?

インターネットで気軽に物件が探せますが、数も莫大なものとなります。インターネットを利用した物件探しの注意点をご紹介します。

賃貸からの引っ越し…退去の連絡はいつまでにすればいいの?

賃貸物件から引っ越しが決まったら退去のお知らせを行わなくてはいけませんが、その期日は契約書によって定められている場合が多いです。

引っ越ししたいと思ったら!まずは優先条件をまとめておこう

引っ越しが決まったら物件選びですが、希望のすべてをかなえるのは難しいかもしれません。優先順位を決めて物件を探していきましょう。

夜間引っ越しや契約者不在の引っ越しはトラブルの可能性大

契約者が不在の引っ越しは受け入れてくれる引っ越し業者は少ないでしょう。代理人を立てる必要があります。夜間の引っ越しの場合引き受けてくれる業者はあっても近所迷惑になる可能性もあるので注意しましょう。

予定時間なのに引っ越し業者が来ない!これってなんで?

引っ越し業者が予定時間に来ないということは実は案外よく聞く話なのです。特に午後からの引っ越しだったり、フリー便の場合予定よりも遅くなるものと思っておいた方が良いかもしれません。

女性が一人暮らしの為に引っ越し…不安を軽減するには?

女性が一人暮らしをするために引っ越しを行う際には、できるだけ女性の一人暮らしだと周りに築かれないようにする必要があります。

新居が賃貸や中古の場合は要注意!思っているよりも汚い?

賃貸や中古物件の場合、せっかくの新居なのに、ほこりがたまっていたり掃除が行き届いていないことがあります。本格引っ越しの前に出来るだけ新居の状態を確認するようにしましょう。

試してみて!段ボールにひと工夫して上手な引っ越しを

荷物を詰める段ボールですが一工夫を加えるだけで引っ越し作業そのものを格段にスムーズに行えるようになるのです。また、底が抜けないようにきっちりと補強することも大切です。

意外にかさばる寝具…どうやって運ぶのがおすすめ?

寝具は意外にかさばってしまい、引っ越しの時どのようにまとめたらいいのか悩むものです。業者に布団袋をもらったり、布団圧縮袋を活用したりしてできるだけコンパクトにまとめましょう。

アンテナも一緒に引っ越ししたい!取付けは自分でできる?

BSやCSなどのアンテナを引っ越し先に持っていく場合、新住居にアンテナを取り付けることができるのかどうかの確認をまず行いましょう。また、取り付けは業者に頼むこともできますし、自分で行うこともできます。

食器やビンなど割れ物をどうやって梱包したらいいの?

引っ越しをする際に気を使うものの一つに食器や割れ物があります。正しく梱包していないと万が一の補償を受けられないかもしれません。できるだけ傷つけないように梱包する方法をご紹介します。

引っ越しの時注意!東日本と西日本…実は周波数が違います

東日本から西日本へ引っ越したりその逆の場合は、家電製品によっては使用が出来なかったり性能が落ちてしまうものもあります。これは東日本と西日本で周波数が異なるためです。

結婚で新住居に引っ越しが決定!注意すべきことはあるの?

結婚がきっかけとなって引っ越しをする場合、住居選びや持ち寄る荷物、引っ越し業者の選定から各種変更届など様々な注意点があります。

残念…雨の日の引っ越しのときに気をつける3つのポイント

雨の日の引っ越しは嫌なものですが、引っ越し業者は基本的には雨でも引っ越しを決行します。中止や変更の判断は依頼者が行いましょう。また雨の日の対策をチキンと行ってくれる業者に頼むことが大切です。

引っ越しは曜日や時間帯で料金が変わるって知ってました?

引っ越し業者に引っ越しをお願いするときに、時間や曜日によって料金が変わるって知っていましたか?火曜日から木曜日の午後からなら土日よりも格段に安く価格を抑えて引っ越し作業を依頼することが可能です。

早いほどお得…引っ越しの見積もりはいつからできるの?

引っ越し業者に見積もりを依頼するタイミング、引っ越し先と引っ越し時期と荷物の量のめどがついた時点でお願いしましょう。早ければ早い程料金を安く抑えることができるかもしれません。