読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越しで失敗しないためのコツをお伝えするblog

引っ越しをする際に安易に行うと失敗してしまうことも多いですよね。賃貸物件の場合、退去時に敷金返還などでモメてしまうこともよくあります。それでもなかなか引っ越しはやり直しがききません。引っ越しで失敗したくない方に、業者選びや物件選びのコツ、大家さんへの対応、退去時の注意事項などをご紹介します。

新居が賃貸や中古の場合は要注意!思っているよりも汚い?

旧住居から引っ越しして新居に行くときに、出来れば気持ちよく新居に入りたいものですよね。

しかし、その新居が賃貸住宅や中古住宅の場合は少し注意が必要です。

■新居は思ったよりも汚いかもしれない?

賃貸住宅や中古住宅の場合は、ほとんどで、アナタが入居するよりも前に人がいたことになりますよね。

もちろん前の住人が退去後ハウスクリーニングが入るのが一般的ですが、中にはおざなりに清掃を済ませているなんていう住宅もあります。

そのような住宅については大家も管理会社も不動産屋もあまり良いとはいえない場合が多いので契約前に注意が必要です。

また、前の住人の退去から次の住人が決まるまでの間に日数などが開いてしまっている場合は、どうしてもほこりなどがたまってしまいますよね。

もし再度ハウスクリーニングを希望する場合、契約前であれば「ハウスクリーニングをしてくれたらこの家に契約を決めるのに…」など交渉してみると案外承諾してくれる場合も多いようです。

不動産会社や大家によっては契約者が決まって入居の直前にハウスクリーニングや畳の張り替えを行うなんていうところもありますので、室内のキレイさについて気になるところはどんどん質問していきましょう。

■引っ越しに荷物の搬入の前に一度掃除をしておきましょう

いざ引っ越しの荷物を搬入するときに室内がほこりまみれ!なんていう事態になると目も当てられませんよね。

大型の家具家財の場合は一度配置するとなかなか動かせませんからとりあえずほこりや汚れの上に仕方なく配置する…なんてしたくないものです。

そのような事態を避けるために、可能であれば本格的な引っ越しの前に新居を確認するようにしましょう。

入居前にハウスクリーニングをしてもらった場合は問題ないかもしれませんが、そうではない場合、床拭きやほこり落としなどはしておいた方がよいですね。

窓をあけて風通しを良くしておくことも重要です。長く人が住んでいなかった場合などはカビ臭くなってしまったり、独特のにおいがこもってしまっている場合もあります。

クローゼットや押し入れなども湿気がたまっていることもありますので、こちらも全開にして乾燥させるようにしましょう。お風呂場やトイレも同じです。

新しくカーペットなどを購入する場合や、クッションマットの上に大型家具を置きたい場合は前もって敷いておくのも良いでしょう。

ベランダなども見落とされがちですが土埃やゴミがたまっている場合もあります。ベランダでガーデニングなどをしようとプランターを持ち込む予定の方はあらかじめきれいにしておいた方がよいですね。

また、そのようなときに写真撮影などをして新居の状態を保存しておくこともオススメします。引っ越し業者との破損などのトラブルのときにも役に立ちますし、退去時の敷金トラブルなどのときにも証拠として提出することができます。

引っ越しの荷物を搬入しながら掃除をするというのは引っ越し業者にとっても作業の妨げになりかねませんので、事前に新居に行くことが可能ならあらかじめ新居をきれいにしておくようにしましょう。