読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越しで失敗しないためのコツをお伝えするblog

引っ越しをする際に安易に行うと失敗してしまうことも多いですよね。賃貸物件の場合、退去時に敷金返還などでモメてしまうこともよくあります。それでもなかなか引っ越しはやり直しがききません。引っ越しで失敗したくない方に、業者選びや物件選びのコツ、大家さんへの対応、退去時の注意事項などをご紹介します。

女性が一人暮らしの為に引っ越し…不安を軽減するには?

進学や就職などで一人暮らしをすることになるという女性の方も多いのではないでしょうか?

女性の一人暮らしの場合は何かと不安も付き物ですよね。女性の一人暮らしによる事件などの報道をみると余計に心配になってしまうのも仕方がありません。

引っ越し作業の際も大勢の男性スタッフがずかずかとやってくるのはちょっと抵抗がある…なんていう方もいらっしゃるようです。

女性が一人暮らしを始めるにあたって注意するとよい点などについてまとめてみました。安心した生活を送るためのヒントになれば幸いです。

■物件選びは防犯を念頭に置いて

女性が一人暮らしをすると、本人はあまり気にしていなくても、家族なども心配をする場合が多いです。

とにかく安いという費用面だけで物件を探すと鍵や共同入口などの防犯がままならないような古いボロアパートになったりすることもあります。そういった物件の場合、同じアパートに実は自分以外は全員男性だったなんていうこともあるのです。

防犯カメラなどせめて最低限のセキュリティーが守られた住居を選ぶことも自衛のためには重要でしょう。不動産屋には入居者の年齢層や男女比率なども確認しておくと良いかもしれません。

費用面や立地条件など譲れない点もあるかもしれませんが、まずは自分の身を守ることも重要ですから、防犯については頭に入れておいてくださいね。

また、駅からの道のりの人通りや街灯の数、コンビニの有無なども確認しておくと安心でしょう。

■引っ越しの挨拶はしなくても良い?

引っ越しをしたら隣近所に引っ越しの挨拶をするのは重要ですが、女性の一人暮らしだと少し事情は変わってきます。

周囲に女性が一人暮らしをしているということが分からない方が防犯のためには良いのです。そのため、あいさつに行くときなどは男性の家族や彼氏、友人などに付き添ってもらった方が良いですし、あいさつは大家さんのみでも構わないでしょう。

■引っ越しの時は荷物が見えないように注意しましょう。

衣装ケースやプラスチック製のケースの場合、そのまま荷物として運んでくれる引っ越し業者が多いですが、その時、できるだけ荷物が見えないようにするのも大切です。

特に下着類などは段ボールに入れるか透けないような袋に入れてからケースに収納するなど外から見えないようにしておきましょう。

また、搬入した後の生活が丸見えにならないために、あらかじめカーテンをしておくなど部屋の中が外から見えないようにしておくことも忘れてはいけません。

■引っ越しのレディースプランを利用する手もあり!

引っ越し業者にお願いする際に、男性ばかりだとちょっと引いてしまう…なんていう方もいらっしゃいますよね。

そういった場合、大手の引っ越し業者ですとレディースプランやレディースパックなど女性向けのプランを用意している場合もあります。

少し割高にはなりますが、スタッフのほとんどが女性というプランもありますので、そういったものを利用するのもよいでしょう。

ただし、女性スタッフばかりだと重たい物を運ぶのが難しかったり、精密機器の配線などの知識が疎かったりなんていうこともあるようですからそのあたりの注意が必要ですね。

もし、身内や知人の男性に引っ越しの手伝いがお願いできるようでしたら頼んでみるのもよいかもしれません。

女性の一人暮らしのスタートは、気を使いすぎているくらいがちょうどいいので、できるだけ女性の一人暮らしだと周囲に分からないようにするのがよいでしょう。