引っ越しで失敗しないためのコツをお伝えするblog

引っ越しをする際に安易に行うと失敗してしまうことも多いですよね。賃貸物件の場合、退去時に敷金返還などでモメてしまうこともよくあります。それでもなかなか引っ越しはやり直しがききません。引っ越しで失敗したくない方に、業者選びや物件選びのコツ、大家さんへの対応、退去時の注意事項などをご紹介します。

予定時間なのに引っ越し業者が来ない!これってなんで?

引っ越し業者とのトラブルの中に、引っ越し業者が来る予定時間になっても一向に来ないといったものがあります。

その日のスケジュールはずれてしまうし、もし新居先で電気やガスの業者などが来る予定になっているなんてことだとそれらにも影響を与えてしまいかねませんよね。

引っ越し業者も商売ですから、きちんと契約した以上時間通りに来るのが常識じゃないの?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこのトラブル結構起こっています。

では、なぜ引っ越し業者は予定時間になかなか来ないことがあるのでしょうか?

■朝一番にお願いしていたのに予定時間に来ない!

例えば午前中の早い時間に予約していたのに、予定時間に来ないという場合は、間違いなく引っ越し業者に非があります。

もしかしたら予約時間に行き違いがあったかもしれませんので、まずはこちらで保管している契約書を確認して時間が間違っていないかどうか見てみてください。

突発的な事情で遅れるなんていうこともあるかもしれませんが、そのような場合はあらかじめ依頼者に連絡をするのが通常でしょう。

何の連絡もなく30分以上遅れている場合は、担当営業か、クレームなどの相談窓口に連絡してみてください。その時はあまり感情的にならずに、状況の確認とそれによるスケジュールのズレ、新居での予定の悪影響なども相談するようにしてください。

予定の時間に遅れても連絡もないような作業担当者の場合はあまり良いスタッフだとはいえません。

予定時間よりも遅れて着いたからと言ってあわてて作業され、それで破損などがあればもう目も当てられませんから、作業員の動きなどにも目を光らせるようにしてください。

■午後からの引っ越しで予定時間に来ない…よくあること?

引っ越し業者が予定していた時間に来ないというトラブルで多いのが午後からの引っ越しをお願いしている場合などです。

午後からの引っ越しの場合、そのほとんどで引っ越し業者は午前中別の引っ越し作業を行っています。

契約時にはある程度前の引っ越し作業の時間も計算してから引っ越し予定時間を決めるものですが、思いもよらず、前の引っ越し作業が長引いてしまうということもあるのです。

そして、こんな事態は良く起こります。引っ越し予定時間に業者が到着しない可能性もある程度考えておく必要があるでしょう。

また、午後便に指定すると、具体的な時間を約束できないといわれる業者も案外多いものです。「とりあえず午後以降にお伺いしますよ」という話のみで具体的に何時ごろになりますとはいわれないのです。

依頼する側からしたらいつくるのかとやきもきするかもしれませんが、引っ越し業者もサボっているわけではありませんので、午後便にしたのだから仕方がないという風に考えるようにしましょう。

午前便と午後便ですとそのような事情から午後便の方が料金が安い場合がほとんどです。確実な時間に来てほしいならやはり少し割高でも午前便でお願いするようにしましょう。