引っ越しで失敗しないためのコツをお伝えするblog

引っ越しをする際に安易に行うと失敗してしまうことも多いですよね。賃貸物件の場合、退去時に敷金返還などでモメてしまうこともよくあります。それでもなかなか引っ越しはやり直しがききません。引っ越しで失敗したくない方に、業者選びや物件選びのコツ、大家さんへの対応、退去時の注意事項などをご紹介します。

教えて!旧住居の掃除ってどのくらいすればいいの?

敷金を出来るだけ多く返金してもらうためには、退去時の部屋をどれだけきれいにしたかというのは重要なポイントになります。

しかし、掃除と言っても、どの程度行えばよいのでしょうか?

例えばご自分でハウスクリーニングの業者を呼んで掃除を行えば、敷金が満額返ってくるかといえばそうではありません。

いくら借主側がハウスクリーニングをしていても、退去後、貸主側もプロの清掃を頼むからです。

そのため、その部分はどうしても引かれてしまうことが多いでしょう。

また、掃除や原状回復の線引きですが、これはよく敷金返還トラブルのもとになります。そのため、国土交通省が「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」という指針を提示していますので、そちらに沿った判断で行っていくとよいです。

今回は、各部分の掃除に注目してご紹介していきます。

■床や畳、カーペットの清掃

床や畳、カーペットなどはどうしても経年劣化で細かな傷が入り易かったりするものです。まずは通常の掃除のようにほこりなどを掃除機やほうきで払い、床の場合は、水拭きをしましょう。畳の場合は、固く絞った雑巾で拭くと艶が出ます。

カーペットにもしシミやカビなどがあれば、可能な限り取り除く努力をしてみましょう。カビはカーペットのカビとりなども売っていますのでそちらを使用してみてください。

また、水性のシミですと上からトントンと水で濡らした布でたたいていくことで薄くすることが可能です。油性のシミの場合、台所の中性洗剤などを少しだけ用いてみましょう。

シミを取りたいからと言って漂白剤を使用するのはNGです。元の記事の色まで抜いてしまう可能性があります。

■トイレの掃除

案外忘れがちなトイレの掃除ですが、黄ばみや水垢が残っていることが多いものです。トイレ用洗剤を使用したり、カビ取り剤を使用して清掃するのですが、陶器のトイレが多いですので、変色させないよう注意しましょう。

また、タンクに繋がれている水道管はほこりがたまり易い部位ですが見逃されがちなので、そこの部分もきれいに拭き上げていると、断然清掃後のトイレが輝いて見えます。

■風呂・洗面所の掃除

水回りの水垢はどうしても仕方のない部分ではありますが、出来るだけ取り除いておきましょう。特に鏡の水垢が取り除かれているととてもきれいに見えます。また、カビについてはカビ取り剤を使い、できるだけ除去するようにしてください。

■洗濯機置き場

近年ではほとんどの物件が室内に洗濯機置き場があります。引っ越し後洗濯機を取り付けたら、その下はほとんど見ることはありませんが、引っ越しで洗濯機を運び出した後に必ず掃除しておきましょう。案外ほこりや糸くず、洗剤の溶け残りがたまっている可能性もあります。

■玄関回り

玄関回りは、貸主が一番初めに入る場所です。ほこりなどは丁寧に払っておきましょう。また、靴箱などがある場合は、靴箱の匂いも取っておくことが重要です。

■キッチン周り~コンロ・調理台~

コンロや調理台の油汚れはそのままにしておくとこちらの負担で修繕なんていうことにもなりかねません。クリーナーなどを使い、出来るだけきれいに取り除きましょう。

ただし、調理台がステンレスの場合、たわしなどでこすると細かな傷が入る恐れがあります。油を浮かせるクリーナーを使い、布巾などでふき取るようにしましょう。