読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越しで失敗しないためのコツをお伝えするblog

引っ越しをする際に安易に行うと失敗してしまうことも多いですよね。賃貸物件の場合、退去時に敷金返還などでモメてしまうこともよくあります。それでもなかなか引っ越しはやり直しがききません。引っ越しで失敗したくない方に、業者選びや物件選びのコツ、大家さんへの対応、退去時の注意事項などをご紹介します。

銀行口座やクレジットカードの住所変更手続きは必要?

引っ越しをしたときに、意外と忘れがちなのは、登録している様々な住所の変更を行うことです。

 

免許証や保険証、住民票などは忘れずに行うことが多いですが、銀行口座やクレジットカードの住所変更手続きは後回しにされがちです。

 

そもそも引っ越しをしたことを、銀行やクレジットカードの会社に伝える必要はあるのでしょうか?

 

実はきちんと住所変更を行わなかった場合様々な不都合が出てくる可能性もあるのです。

 

今回は、銀行口座やクレジットカードの住所変更手続きについてご説明していきましょう。

 

■銀行口座の住所変更を行わなかったらどうなるの?

 

銀行口座を開設するときに住所を登録しますよね。普段ATMを利用していると、通帳とキャッシュカードで金銭の管理ができるため、住所の変更をする必要が無いように感じますよね。

 

しかし、住所変更をきちんと行っておかないと、郵便物が届かなくなる可能性もあります。

 

例え郵便局に転送届を出していても、銀行が送付する重要書類の中には、銀行側があえて転送不要としているものがあります。

 

前の住居が実家であれば、転送不要で受け取るのは家族の誰かなので問題ないかもしれませんが、前の住居が賃貸であればそうはいっていられません。

 

転送不要で届けられる郵便物は、配達記録であったりし、重要な書類である可能性が高いです。

 

そういった場合に、前の賃貸住居に既に別の人が入っていると、間違えてその人に届けられてしまう場合もあります。

 

名前を確認された際に、「違いますよ」と前の住人が受け取りを拒否してくれればよいのですが、そうでない場合や、故意的に受け取ろうとする人もいるのです。

 

そうなるとあなたの大切な個人情報が、見知らぬ第三者に漏れてしまうなんていうことにもなりかねません。

 

悪用されてしまうという最悪の事態を避けるためにも、銀行の住所変更はきちんと行いましょう。

 

また、信用組合などの場合は、地域性が強く、県外などに引っ越しをすると口座の継続が難しくなったり、引っ越し先に支店やATMが全くないなんていうこともありますので、引っ越し前に必ず確認を行うようにしてくださいね。

 

住所変更は、銀行窓口でもできますし、近年ではインターネットで行うことが可能な銀行もあります。まずは、銀行に問い合わせをしてみましょう。

 

■クレジットカードの住所変更を忘れると解約される?

 

クレジットカードの場合は、銀行口座よりも住所変更はもっと重要なものになります。

 

クレジットカードには有効期限があり、その期限が近付くと再審査をされます。再審査に合格すると、契約延長になるので、新しいカードが送付されます。

 

その送付は基本的には配達記録で転送不要である場合がほとんどなのです。

 

クレジットカードが万が一第三者の手に渡ってしまえば、不正利用されてしまう可能性もあります。

 

また、届かなくて、カード会社へ返送された場合、カード会社の判断によっては虚偽記載とされ、せっかくカード更新審査に通ったのにカードの利用停止や解約という結果にもなりかねないのです。

 

カードがある日突然使えなくなると困りますよね。カード会社への電話連絡や、インターネット、郵送から住所変更は行えますので、忘れずに行うようにしましょう。