引っ越しで失敗しないためのコツをお伝えするblog

引っ越しをする際に安易に行うと失敗してしまうことも多いですよね。賃貸物件の場合、退去時に敷金返還などでモメてしまうこともよくあります。それでもなかなか引っ越しはやり直しがききません。引っ越しで失敗したくない方に、業者選びや物件選びのコツ、大家さんへの対応、退去時の注意事項などをご紹介します。

死活問題?ライフラインの変更手続きはお早めに!

今、電気のスイッチを押せば明かりがつきますか?

 

蛇口をひねれば水が出ますか?

 

コンロのスイッチを押せばガスが出て火が着きますか?

 

これらのことって、日本で暮らしているととっても当たり前のことのように感じますよね。

 

しかし、これらはすべて業者の方に開栓等利用開始の手続きを行ってもらわないと使用することはできません。

 

■引っ越し先の利用申し込みは引っ越し前に申し込むのが鉄則!

 

引っ越し先を決めたら、引っ越し当日までに、電気・ガス・水道のライフラインの利用開始申し込み手続きを行うようにしましょう。

 

出来れば引っ越し日が決まったらすぐ、引っ越しの1週間前くらいまでには行っておきたいものです。なぜかというと、引っ越し当日に、各業者に連絡をしても、当日対応をしてくれるところはほとんどないからです。

 

賃貸物件の場合は、契約時に連絡先を不動産屋に確認しておきましょう。

 

そうしないと、せっかく引越しをしたのに、電気はつかない、お湯も出ない、お風呂も入れない、トイレも流れない…なんて、さんざんな新生活のスタートになりかねませんよ。

 

利用開始の申し込みはとても重要なのに、案外見落とされがちです。忘れずに申し込みを行うようにしてください。

 

■手続きには立会いが必要になる場合もあるので注意しましょう

 

ガスの開栓手続をはじめ、各利用開始手続きについて、住居人の立会いが必要となる場合がありますので注意しましょう。

 

利用開始申し込みを行った際に、開始日を指定しますが、その際「立会いが必要です」といわれることがあります。その時は、業者の方と時間を合わせ、必ずその時間帯には新居にいるようにしておいてください。

 

その際に、機器の説明をされることもありますし、説明書などをもらう事もあります。賃貸物件の場合は、退去時に返却する必要があるものがあるかもしれませんのでそういったものは失くさずに保管しましょう。

 

また、旧住居の利用停止手続きは、また別で申し込みを行う必要がありますので、忘れずに行うようにしてくださいね。

 

■利用開始後の支払いはどうなるの?

 

利用の申し込みをする際に、クレジットカード払いにするのか、口座振替にするのか、振込にするのかを業者に伝えると、それぞれにあった支払方法を設定してくれます。

 

クレジットカード払い、口座振替の場合は、申込用紙に必要事項を記入し、郵送を行う必要がある場合がほとんどです。

 

振込にすると、毎月決まった日に振込用紙が届きますので、期日までにコンビニなどで振り込みをするようにしましょう。

 

支払いの指定をクレジットカードにしておくと、ポイントもたまりますので、お得ではないでしょうか?

 

また、クレジットカード払い、口座振替の申し込みをしていても登録には時間がかかります。そのため、初めの数か月は振込支払いになる事がほとんどですので注意してください。

 

そして、気になる開始月の料金計算ですが、ほとんどの場合、基本使用料については日割り計算となるようです。

 

そのため、開始月については日割りの基本使用料と使用分の料金の合算を支払うことになります。