読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越しで失敗しないためのコツをお伝えするblog

引っ越しをする際に安易に行うと失敗してしまうことも多いですよね。賃貸物件の場合、退去時に敷金返還などでモメてしまうこともよくあります。それでもなかなか引っ越しはやり直しがききません。引っ越しで失敗したくない方に、業者選びや物件選びのコツ、大家さんへの対応、退去時の注意事項などをご紹介します。

当たり外れが大きい!不動産屋さんを見極めるポイントとは

引っ越しって多くの人はそうそう経験するものではないですよね。

 

物件を探すときに不動産屋に行くのは知っているけれど、いったいどんな不動産屋に行けばいいのかよく分からないと思っていらっしゃる方も多いようです。

 

よくわからないまま不動産屋にいってあまり納得のいっていないまま物件を契約してしまうといざ引っ越しを行ってもあまり満足のいくものではないかもしれません。

 

また、不動産会社の中にもすくなからず悪徳業者と呼ばれる不動産屋が存在します。せっかく引越しをするんだから、悪徳業者には引っかかりたくないですよね。

 

今回は、良い不動産屋を見極めるポイントをご紹介していきます。

 

■まずは認可番号を確認しましょう

 

不動産屋に訪れた場合は、まず認可番号を確認しましょう。物件を扱う不動産屋には宅建免許が交付されます。国土交通省または県知事から許可が下り、「国土交通大臣免許(○) 第・・・号」「△△知事免許(○)第・・・号」などという許可証が交付されます。

 

どの店舗にも基本的には飾ってあることが多いので、まずはこの許可証を見てみましょう。

 

この時注目するのは「(○)」という部分です。この部分は更新回数を表しています。この更新回数が多い不動産屋のほうがベテランということになります。逆にここが(1)となっている場合は、まだ開業して間もないということもありますので、物件の数も多くないかもしれません。

 

多くの物件を扱ったり、実績を重視したい方は更新回数が多い不動産屋を選ぶとよいでしょう。

 

■地域密着型?全国型?どっちがいいの?

 

不動産屋には大手と言われる全国に展開しているタイプと、その県内や地域内で独自に活動している地域密着型不動産屋があります。はたしてどちらが良いのでしょうか?

 

以前はその不動産屋独自の物件というものが多くありました。しかし、現在はインターネットで情報を共有したりして、物件の情報量はそこまで差が無いといわれています。

 

しかし、あまりに駅前にばかりある不動産屋とかですと、そのオフィスの賃料などにコストもかかりますよね。そのため、少々強引な売り込みをしてくる不動産屋もあります。

 

物件を決める際も、「なんとしても今日決めろ」というプレッシャーを与えてくる場合もあります。もともとその日に決めるつもりだったなどという場合は良いですが、じっくりと決めたい場合はきっちりと断る必要もあるでしょう。

 

■とにかく一度電話をしてみるのもアリ!

 

不動産屋を見極めるうえで最も大切なのは、営業の人とウマが合うかどうかです。営業の人も様々なタイプの方がいます。同じ不動産屋なのに全く違うアプローチをしてくる方もいます。

 

こればっかりは電話をしたり、実際に店舗に尋ねてみないと何ともいえませんので、是非一度不動産屋に訪れてみるのもよいでしょう。

 

その時に、予算などの要望をきちっと伝えておきましょう。特に家賃は予算を伝えているのに、わざと高い物件を紹介してくる営業などもいますので、どこまで真摯に対応してくれるかを見極める必要があります。