引っ越しで失敗しないためのコツをお伝えするblog

引っ越しをする際に安易に行うと失敗してしまうことも多いですよね。賃貸物件の場合、退去時に敷金返還などでモメてしまうこともよくあります。それでもなかなか引っ越しはやり直しがききません。引っ越しで失敗したくない方に、業者選びや物件選びのコツ、大家さんへの対応、退去時の注意事項などをご紹介します。

知りたい!旧住居の電気ガス水道はどうしたらいいの?

旧住居から新住居に移る時に、様々な手続きをしないといけませんが、忘れてはならないのが、旧住居のライフラインの解約です。

 

電気やガス・水道は、引っ越した先で申し込んだからと言って自動で変更されるわけではありません。きちんと旧住居の契約はきちんと解約をしていないといけないのです。

 

そうしないと、二重契約となり、住んでもいない家の電気ガス水道を払い続けないといけなくなります。それはもったいないですよね。

 

大家さんや不動産屋なども、払い続けていたからと言って連絡をくれることも少ないので、自分で忘れずに契約解除を行いましょう。

 

■契約解除をするには前もって連絡が必要?

 

電気ガス水道ともに、引っ越しの2週間前から1週間前には連絡をしておきましょう。この時、電気とガスは立会いが必要となる場合もありますので、必ず閉栓時立会いの予約もしておきましょう。

 

引っ越しシーズンなどは業者も忙しいので、中々ご自分の希望の時間帯には難しいかもしれません。しかし、これが終わらないと新居に入れず、引っ越しがスムーズにいかない可能性もあります。

 

引っ越し当日に解約することがほとんどでしょうから、引っ越し日が決まった時点で早めに連絡を入れるようにしましょう。

 

また、引っ越しよりも前に解約しても問題はありませんが、電気もガスも水道も使えない中で生活するのは相当困難です。電子レンジも使えませんし、お湯も沸かせませんし、水道をひねっても水はでませんし、また、水洗トイレを使うこともできません。

 

そのため、できるだけ解約は引っ越し当日と合わせて行った方が良いのです。

 

■解約の流れは?

 

それぞれの解約の基本的な流れは以下の通りです。地域や会社によって若干の差があるかもしれませんので、必ず各業者に問い合わせるなどしてくださいね。

 

○電気の解約の流れ

電気の解約は、解約を申し込んだ電話をすると、電気を止める日を決定します。その日になると、電力会社の方が電気を止めに訪れます。

 

その月の電気料金についてですが、基本的には、基本料は日割り計算となりそれに今月の使用料を合わせた金額を支払うことになります。

 

その場で支払う場合が多いですが、振込用紙をもらい、後日コンビニなどで振り込みを行う場合もありますので、電力会社に確認をしてみてください。

 

○ガスの解約の流れ

ガスの解約は解約を申し込むと、閉栓の日を決定します。基本的に立会いが必要となる場合が多いので、時間帯まできっちり予約をしておきましょう。

 

ガス会社の方が閉栓に来たら、その時に料金を払う場合がほとんどです。基本料は日割りになりそれに使用料を合わせた金額を支払います。

 

場合によっては振り込み対応もしれくれることもありますので、どうしてもその場で支払いが難しい場合はあらかじめ相談してみてください。

 

○水道の解約の流れ

水道の解約の場合は、解約の電話をし、日にちを伝えると、特に立会いすることなく止められます。

 

最後の料金支払いについては、後日基本料の日割りと使用料の合計が書かれた振込用紙が届く場合もありますし、それ以外の方法で支払う場合もあります。