引っ越しで失敗しないためのコツをお伝えするblog

引っ越しをする際に安易に行うと失敗してしまうことも多いですよね。賃貸物件の場合、退去時に敷金返還などでモメてしまうこともよくあります。それでもなかなか引っ越しはやり直しがききません。引っ越しで失敗したくない方に、業者選びや物件選びのコツ、大家さんへの対応、退去時の注意事項などをご紹介します。

徹底解説!敷金・礼金0円って本当にお得なの?

引っ越しをしたい!と思っても、急にするのは難しいですよね。

 

賃貸物件の場合、初期費用が大きなネックとなります。この初期費用の大半を占めているのが敷金と礼金です。

 

インターネットなどで物件を見ていると、「敷金0円キャンペーン」や「敷金・礼金0」と書いてあるものを見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

敷金や礼金が0円となると、初期費用がかなり抑えられるので、すぐに引っ越しをしたい場合とっても助かりますよね。

 

でも、どうして敷金・礼金0円なんていう物件と敷金や礼金がきちんとかかる物件があるのでしょうか?

 

また、敷金・礼金0円っていうのは本当にお得なのでしょうか?

 

■敷金・礼金0円のメリットとは…

 

敷金・礼金0円の最大のメリットは初期費用が抑えられるという点です。どうしてもすぐ引っ越しをしたいけどお金が今ない!という方にとってはこの敷金・礼金0円というのは魅力的でしょう。

 

ただし、敷金・礼金0円という物件にはそれなりの理由はあるかもしれないということも意識しておくことも大切です。

 

■敷金・礼金が0円の物件って…

 

敷金・礼金0円ってよくみるフレーズと思われがちですが実はとても物件数は少ないのです。そのため、この条件を絶対条件で探しているとなかなか見つからないということは良くあります。

 

敷金・礼金0円という物件の多くは実は長い間借り手が見つからないなんていう不人気物件が多いのです。通常の敷金や礼金をとってもなかなか借り手がいないから仕方なく敷金・礼金を0円としている物件ということになります。

 

また、あらかじめ敷金・礼金0円と設定している物件に関しては、そもそもの家賃が相場よりも高いという場合もあります。家賃を高く取ることによって敷金・礼金0円の損失を補てんするパターンです。

 

長く住むと結果的に敷金・礼金よりも高くなってしまうこともありますので、家賃相場を知っておくことも重要ですね。

 

■敷金・礼金は0円だけど…

 

敷金・礼金は0円だけど、初期費用を計算してもらうとあれ?思ったよりも安くないという事態もあるようです。

 

それは、敷金・礼金という名目ではないけれど、ハウスクリーニング料など違う文言で料金を請求される場合があるからです。また、鍵交換料が異様に高いというケースもあります。様々な項目で別途金銭を要求し、結果的に初期費用はそんなに安くならなかったということもありますので、契約書は良く確認しましょう。

 

■退去時に高額が取られるケースも…

 

敷金が0円ということは、原状回復を求められた場合、実費を払う必要があるということです。クリーニングや壁紙の張り替え、果ては床の張り替えまでトータルで大きな金額を退去時に請求されてしまい、もめてしまったというケースも実際に有ります。

 

敷金・礼金0円というのは一見するととてもお得な感じがする物件ですが、実は注意しなくてはいけないことがたくさんあるのです。長く住みたいと考えるなら敷金・礼金0円よりも家賃や周辺環境などを重視した方が良いかもしれません。

 

逆に、短期の引っ越しであるのであれば、敷金・礼金0円も悪くない選択肢といえますね。