引っ越しで失敗しないためのコツをお伝えするblog

引っ越しをする際に安易に行うと失敗してしまうことも多いですよね。賃貸物件の場合、退去時に敷金返還などでモメてしまうこともよくあります。それでもなかなか引っ越しはやり直しがききません。引っ越しで失敗したくない方に、業者選びや物件選びのコツ、大家さんへの対応、退去時の注意事項などをご紹介します。

引っかからないで…悪質な引っ越し業者の手口をご紹介!

引っ越しを何回もする機会が多いという方の方が少ないのではないでしょうか?

 

数少ない引っ越し出来れば成功させたいですよね。

 

しかし、引っ越し業者は山のようにあるし、悪質な業者もいるって聞くし…と不安に思っていらっしゃる方もいるかもしれません。

 

今回は、悪質な引っ越し業者が良く行う手口についてご紹介します。これからお伝えするようなことに遭遇した場合は、悪質業者の可能性が高いので十分注意しましょう。

 

■現地見積もりの段階で、段ボールなどを置いていく

 

悪質な業者の場合、あの手この手で何とか契約を結ぼうとしてきます。たとえば、まだ現地での見積もりの段階なのに、「この段ボールおいていきますね」と持参した段ボールを置いていく業者が実在します。

 

まだ契約もしていないのに、すでに契約が成立するでしょというプレッシャーをかけてくるのです。物を置いていくことにより、断りにくくさせてしまいます。

 

そして、万が一断ると、「段ボールの代金を払え」といってきたり、「そっち持ちで送り返せ」といってきたりします。万が一、段ボールを置いて行くようなことを言ってきても、きちんと断りましょう。

 

■登録番号・許可番号などをあいまいにされる

 

正式な業者に関しては、登録番号や、許可番号を持っています。また、引っ越しのときに使用するトラックなどは緑のナンバー(軽トラックなら黒)が基本です。ネットなどにも許可番号や登録番号を記載しておらず、見積書などにも載っていない場合は、無登録・無許可の業者の可能性が高いので、注意しましょう。

 

■見積書の内容がおおざっぱ

 

見積書をもらったら、必ず内容を確認してください。その際に、どれだけ細かく記載されているかというのは案外大切です。

 

単に「基本料」と「オプション」、「手数料」など大きな項目しか記載されていない見積書の場合は注意しましょう。

 

必ず、それぞれの内訳について確認することをオススメします。もしかすると、当日追加料金などを取られてしまう可能性があるからです。

 

■しつこい勧誘のところはそもそもNG

 

引っ越し見積り一括サービスなどを利用すると、様々な引っ越し業者から連絡が来ます。その際、毎日何十回も電話をかけてくるという業者も実際に存在するようです。

 

そんなに電話を掛けられてしまうと、日常生活に支障が出て、終わらせたくて仕方なく契約してしまう…という失敗談も聞きます。

 

あまりにもしつこい勧誘の場合は録音をしておくなどをし、「しかるべき対応をとらせてもらう」と毅然とした態度で対応しましょう。

 

■前金・予約金を要求すれば即アウト!

 

国土交通省は、引っ越し業者に対して、前金や予約金を要求することを禁止しています。そのため、契約後何らかの名称で先に金銭を払わせようとする場合は、悪質業者である可能性が高いといえます。

 

手付金なども認められていませんので、もしそのようなものを要求された場合は、払わずに契約を解除するようにしましょう。

 

■標準引越運送約款の提示を要求してみましょう

 

悪質業者のほとんどが、「標準引越運送約款」を作成しておらず、依頼者に見せることがありません。しかし、標準引越運送約款は作成する義務があるのです。そのため、標準引越運送約款の提示をお願いし、万が一すぐに対応してもらえない場合は悪質業者の可能性があります。