読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越しで失敗しないためのコツをお伝えするblog

引っ越しをする際に安易に行うと失敗してしまうことも多いですよね。賃貸物件の場合、退去時に敷金返還などでモメてしまうこともよくあります。それでもなかなか引っ越しはやり直しがききません。引っ越しで失敗したくない方に、業者選びや物件選びのコツ、大家さんへの対応、退去時の注意事項などをご紹介します。

文房具など細かなものを直に段ボールに詰め込むのはNG?

引越の際の荷造りをどのように行ったらいいのかわからない!という方も多いのではないでしょうか?

 

荷造りをする際に気を付けなくてはいけないのは、重さと大きさですが、それに加え、もう1点気を付けるポイントがあります。

 

それは、段ボールの中で荷物同士が傷付け合わないようにするということです。

 

案外見落とされがちがポイントではありますが、実は安全に荷物を運ぶためにとても重要な事だったりします。

 

■机の中の文房具などは要注意!

 

机の引き出しに入っているものなども、出来れば取り出した方が良いのですが、大きさと重さが大したものでなければ、引出の中に、物を入れたまま運ぶことを許可している引っ越し業者もあります。

 

しかし、このようなパターンの場合、引出の中身によっては、無残な結果となる可能性もありますので注意が必要です。

 

特に、引出の中に文房具などが無造作に入れられている場合、ほとんどの場合で、引っ越し業者が荷物を運んでいる間に、引出の中の物は暴れるでしょう。

 

引出部分に目張りをしていないようなパターンでは最悪の場合、引出から荷物が飛び出し、荷台の中に散乱しているなんていうこともあるようです。

 

引出に物を入れたままにするのは出来るだけ避け、きちんと段ボールなどに詰めるようにしましょう。

 

■段ボールに小物を詰めるときは一工夫しましょう!

 

引出の中と同様に、段ボールに直接文房具などを無造作に入れてしまうと、段ボールの中で文房具が暴れます。

 

ハサミなどの場合は、内側から段ボールを傷つけてしまうおそれもあり、また、文具同士がぶつかり合うことで、細かな傷がついてしまうこともあるのです。

 

そのような事態を避けるためには、文房具などの小物については、ビニール袋などに入れたり、輪ゴムなどでまとめたりして、1つ1つが動かないような状態にしてから段ボールに詰めるようにしましょう。

 

新聞紙などでくるむのも良い方法です。ただし、新聞の色移りなどが心配な場合は避けましょう。

 

化粧品なども同様です。化粧台に入れっぱなしにせずに、きちんとまとめてダンボールに入れるようにしてください。

 

■良く使うものなどを取り出しやすくしておきましょう!

 

文房具や化粧品などの小物は案外引っ越し後にすぐ使う場合もあります。そのため、引っ越しの荷物が搬入後、できるだけスムーズに取り出せるようにしておきましょう。

 

一つ一つを細かく梱包すると後が大変ですので、ビニール袋や新聞紙にひとまとめにしておくなどの方が効率的です。

 

また、段ボールの奥底に入れるのではなく、できるだけふたの付近に入れておくと取り出しやすくてよいですね。

 

また、傷などが心配な場合は、タオルや衣類など柔らかい素材のものが入っている段ボールに入れておくことをオススメします。

 

引っ越し作業中に段ボールの内部でおこる傷などについては引っ越し業者の背に金ではなく、荷造りをした側の責任となる事が多いので、傷などをつけないためにも一工夫を忘れないようにしましょう。