読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越しで失敗しないためのコツをお伝えするblog

引っ越しをする際に安易に行うと失敗してしまうことも多いですよね。賃貸物件の場合、退去時に敷金返還などでモメてしまうこともよくあります。それでもなかなか引っ越しはやり直しがききません。引っ越しで失敗したくない方に、業者選びや物件選びのコツ、大家さんへの対応、退去時の注意事項などをご紹介します。

勘違いしないで!引っ越し業者はなんでも屋ではありません

引っ越し作業をするときに、思いもよらぬ作業が発生したりすることも良くあります。

 

例えばですが、エアコンの取り外し・新居での取り付けは引っ越し作業のときに必要な作業ですが、これは誰が行うのでしょうか?

 

多くの方は引っ越し業者の方が取り外しから取り付けまで行ってくれると考えがちですが、実はそうではないことの方が多いのです。

 

引っ越し業者の方は引っ越しに関する知識も豊富ですし、様々なケースを経験しているプロの方が多いですが、何でもかんでも引っ越し業者にお願いすれば大丈夫!ということはないので注意しましょう。

 

■引っ越し業者の方を困らせる…依頼者の迷惑なお願いとは?

 

引っ越し業者の方が、最も困ることは、見積もり書(つまり指示書)以外の作業を依頼者から指示をされるということになります。

 

例えば、見積書には洗濯機の設置は書かれていないのに、実際に引っ越し先に洗濯機を搬入したら「そのままそこに設置作業までお願いします」といわれ排水ホースなどもつながなくてはいけなくなってしまったなんていうケースです。

 

基本的に、引っ越し業者の仕事は「荷物を運ぶこと」というのを頭に入れておきましょう。

 

引っ越し前の状態に引っ越し後の家を整えてあげるというのは引っ越し業者の仕事ではないのです。

 

取り外しや取り付けの作業が必要な場合は、見積もり時にきちんと相談しておくことが重要になってきます。無料でサービスとして行ってくれる場合もありますし、別途料金が必要となる場合もあります。

 

引っ越し業者によってその対応はまちまちとなりますので、見積もり時にしっかり確認してくださいね。

 

基本的には当日に、急なお願いをした場合は追加料金が発生する場合が多いので、そのあたりは覚悟しておきましょう。

 

■引っ越し業者によっては○分間なんでもしますサービスなどもある

 

引っ越し業者の中にはサービスとして、荷物搬入後数分間で出来ることなら何でも手伝うというサービスを行っているところもあります。

 

これは大体10~30分程度の間に指定しているところが多いようですが、その間に出来る事なら、犬の散歩だったり、草むしりだったり、家電の設置や配線だったり、家具の組み立てだったりさまざまな事を行ってくれるようです。

 

例えば女性の一人暮らしなどの場合、このサービスを利用して、とても手が届かない家の蛍光灯をすべて取り付けてもらったという方もいますし、組み立て式のテレビボードを設置してもらったなんていう力仕事をお願いしたということもあります。

 

また、多くの場合、多少時間が過ぎたとしてもお願いしたサービスは最後まで担当してくれる場合が多く、アンテナの配置を頼んだら時間が来たからと途中で投げ出したりせずに、テレビが映るまで対応してくれる…なんていうパターンがほとんどの様です。

 

引っ越し荷物搬入後のアフターサービスの充実が希望という方ならこのようなサービを実施している引っ越し業者を選ぶ基準とするのもよいかもしれませんね。