読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越しで失敗しないためのコツをお伝えするblog

引っ越しをする際に安易に行うと失敗してしまうことも多いですよね。賃貸物件の場合、退去時に敷金返還などでモメてしまうこともよくあります。それでもなかなか引っ越しはやり直しがききません。引っ越しで失敗したくない方に、業者選びや物件選びのコツ、大家さんへの対応、退去時の注意事項などをご紹介します。

引っ越しの際、インターネット関連はどうすればいいの?

引っ越しの際案外見落とされがちなのがインターネットの接続関連です。旧住居での環境をそのまま使用できると思っていたら案外そうではなかったというパターンもありますので注意しましょう。

 

また、インターネット環境によっては、今まで使用していたものを解約し新しく契約し直した方がお得だったり、今までの環境が維持できないということもありますので、事前に確認しておくことも重要です。

 

■旧住居と新住居…インターネット環境の違いを調べておこう!

 

インターネット接続も様々な方法で出来るようになってきています。光など高速接続サービスもありますし、地域によってはADSLなどの環境が最大限というところもあります。

 

また、マンションなどの場合はマンション自体が既にインターネット契約をしているため定額使いたい放題や、無料サービス、Wi-Fi接続サービスなどを行っている場合もあります。

 

そのため、新住居のインターネット環境が一体どのようになっているのかというのはきちんと確認しておいた方が良いでしょう。

 

また、アパートや戸建ての場合個人契約となり、インターネットを開通する際に高額な工事費用が必要となる場合もあります。このような場合、単純に契約を引っ越ししたのに、それプラス工事費がかかってしまいますので注意が必要です。

 

また、新居のマンションなどで契約しているサービスと今使用しているサービスが異なっている場合は、個別契約となってしまう可能性もあります。

 

そのような場合は改めて工事費がかかる可能性もあり、いっそのこと今の契約を解除して、マンションのサービスに合わせた契約を新規で行う方が安く済むこともあるでしょう。

 

しかし、もともとの契約で2年間使用しないと違約金が発生するなんていうパターンの場合、場合によっては解約料が高くなることもあり得ます。引っ越しの際には、これらのことにも注意した物件選びをする必要があるということです。

 

■引っ越し後も同じ回線を使用したい場合

 

引っ越し後も同じ回線を使用したい場合は、まずはその会社に問い合わせをしてみましょう。対象エリアであればそのまま引き続き同じ回線を使用することもできますが、エリア外であれば解約をして新しく回線を契約し直す必要も出てきます。

 

また、通信速度が地域によって異なることも往々にしてあり、今までは高速回線だったのに、引っ越してからすごく時間がかかるようになってしまったなんていうこともあり得ますので、その点は十分に確認しておきましょう。

 

また、引っ越し先の方でインターネット回線をどのように扱っているのかの確認も忘れないようにしてください。

 

これらの確認は住居を決めたらすぐに行った方が良いでしょう。1か月前くらいに事前準備をしておくことが理想ですが、最低でも1週間前くらいには手続きを完了させましょう。

 

開通作業には業者の立会いが必要となる事が多いので、早めに予約をしていないと引っ越し当日からしばらくインターネットが使えないという可能性もあるので注意しましょう。

 

■思い切って新規契約をした方がお得な場合も

 

どこの業者も現在は新規契約キャンペーンなど多くのキャンペーンをしている場合が多いです。そのため、引っ越しを機に、インターネット関連の会社を変更してしまうというのも一つの手でしょう。

 

マンションなどの場合は、優待している回線やプロバイダーがある場合もありますので、そういったものを確認しておくのもよいでしょう。

 

マンション自体が契約している場合は、工事費用が安価で済むケースも多いです。

 

新住居の環境を良く確認し、適切な会社を選ぶようにしましょう。