読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越しで失敗しないためのコツをお伝えするblog

引っ越しをする際に安易に行うと失敗してしまうことも多いですよね。賃貸物件の場合、退去時に敷金返還などでモメてしまうこともよくあります。それでもなかなか引っ越しはやり直しがききません。引っ越しで失敗したくない方に、業者選びや物件選びのコツ、大家さんへの対応、退去時の注意事項などをご紹介します。

単身赴任での引っ越し…気をつけなくてはいけない事とは?

家庭があってその地域での生活基盤が長かったり、マイホームなどを持っていたりすると、突然の転勤命令って困りますよね。

 

家族も一緒に連れて行くか、それとも単身赴任で頑張るか…なんてお悩みの方も多いのではないでしょうか。

 

そうして単身赴任を選んだ場合、新居への引越が必要になります。様々な期待と不安がある事でしょうが、単身赴任での引っ越しの際の注意点というのも存在するのです。

 

今回は、単身赴任での引っ越しについて気を付けた方が良いことをご紹介していきます。

 

■新居は社宅?それともマンションやアパート?

 

単身赴任での引っ越しの場合、引っ越し費用や諸経費などが会社から支給されるケースもあるようです。また、家賃補助などの手当てが付くこともありますし、社宅が用意されるケースもあります。

 

まずは、これらについてきちんと会社と確認をとっておきましょう。家賃補助が出るだろうからと安易に住居を決めたら実際は補助がでずに家族の暮すマイホームのローンとの二重支払いで生活が苦しくなったなんていうこともあるようです。

 

社宅の場合は、隣近所に住んでいる方が同じ会社や関連企業の方ということになりますので、引っ越しの際は挨拶をしておく方が無難です。社宅によっては掃除やゴミだしについてなど社宅独自のルールもあるようですので、そのあたりも確認しておく方がベターでしょう。

 

■生活費の分担はきちんと話し合っておこう

 

単身赴任となると本人の生活もありますが、家族の生活も変わらずあるということになります。たとえば今まで通りの金額を家族に渡していると、単身赴任先での本人の生活費がなくなってしまうなんていうことにもなりかねません。

 

単身赴任が決まったら家族とお金についての話し合いはきちんとしておいた方が良いでしょう。どうしても単身赴任先での生活費と家族の生活費をまかなうのが大変となるといっそのこと一家全員で引っ越しを行った方が良いなんていうこともあるかもしれません。

 

■引っ越しの荷物は最小限に…家具レンタルサービスの利用も?

 

単身赴任は基本的には長期的なんていうことは少ないですよね。長くても数年単位ということも多く、20年も30年もその場所で…なんていうことになるとそれは単身赴任ではなく家族ごとの引っ越しを検討すべきかもしれません。

 

例えば1年程度の単身赴任の場合、新たに家具や家電を購入するよりも、あらかじめ各家電付きのマンションやアパートを借りるというのも検討してみると良いでしょう。

 

近年では家具家電付きの物件が結構ありますので、そのような場合は、引っ越しの際に衣服などの少ない荷物だけで行うこともできますし、単身赴任終了後も対して荷物が増えずに済みます。

 

また、引っ越し業者によっては家具・家電のレンタルサービスを行っているなんていうところもあるようです。半年程度の単身赴任の場合は、こちらの方がお得ということもありますので、検討してみるのもよいでしょう。

 

■住民票の変更は推奨されています

 

単身赴任の際に住民票をどうするかで悩む方も多いでしょう。基本的には県外等他の地域に引っ越しをする際は住民票もきちんと移しておいた方が無難です。

 

しかし実際には、短期の場合は手続きが面倒などという理由で住民票の変更をしない方も多いようです。

 

1年を超える単身赴任の場合は住民票の変更をするようにしたほうがよいのではないでしょうか。