読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越しで失敗しないためのコツをお伝えするblog

引っ越しをする際に安易に行うと失敗してしまうことも多いですよね。賃貸物件の場合、退去時に敷金返還などでモメてしまうこともよくあります。それでもなかなか引っ越しはやり直しがききません。引っ越しで失敗したくない方に、業者選びや物件選びのコツ、大家さんへの対応、退去時の注意事項などをご紹介します。

引っ越し先で荷物が全部収まらない!そんな時の対処法は?

旧住居から新住居に引っ越しをする場合、家の広さはどうなりますか?

 

新住居の方が広くなる!という方もいらっしゃるでしょうが、狭くなるというかたも案外多いのではないでしょうか?

 

旧住居より、新住居の方が狭くなる場合、気を付けなくてはいけないのは荷物の量です。

 

例えば3LDKの家から1LDKの家に引っ越しをする!となると部屋の数で単純に2部屋分減ることになります。

 

この2部屋分の荷物を1LDKの中に更に入れることになるので、荷物の量がとんでもないことになるのは想像に難くありません。

 

万が一、引っ越しの荷物が全部入りきらない場合は一体どうしたらいいのでしょうか?

 

■出来るだけ引っ越し前に荷物の整理をしておくことが大切!

 

引っ越しをする際に是非やっていただきたいのが断捨離です。引っ越しのときに荷物をそのまますべて運ぶというのはできればやめておいた方が無難でしょう。

 

定期的にご自分の持ち物を見直し、処分をしたりしている方の場合は既に必要なものしかないかもしれませんが、一般に生活をしているうえで、もう使用ないというものも結構あるものですよね。

 

その場合は、引っ越しを機にぜひ一度手放すことを検討してみてください。良くいわれるのが2年くらい使用していないものは必要ないものだということです。

 

引っ越しの際にどうせ荷物を一度全部確認する必要があるのですから、チャンスと思ってその際に、不要なものはどんどん処分するようにしましょう。

 

■引っ越し業者の一時荷物預かりサービスを利用するのも良し!

 

引っ越し業者の中には、引っ越し時にどうしても入りきらない荷物などを一時的に預かってくれるサービスを提供しているところがあります。

 

このサービスを利用すれば、新住居に入りきらなかった荷物をいったん預けておいて、ある程度片付けてから搬入してもらうということが可能です。

 

新住居に引っ越した時に部屋の隅々まで段ボールだらけで寝るところにすら困ってしまう…なんていう状況に陥るとせっかくの新生活なのに残念な気分になってしまいますよね。

 

そういったときに、このサービスを利用すれば少しずつ荷物を片付けていくことが可能なのです。

 

基本的には有料のサービスにはなりますが、荷物が多すぎる方などは検討されてみても良いかもしれません。ただし、保管期間も定められていますので、期間内に荷物をすべて引き取るようにしましょう。

 

■貸倉庫などを利用する手もあり!

 

近年増えてきているサービスに貸倉庫があります。これはたたみ1畳分~6畳分程度のコンテナなどのスペースを借りて、そこに荷物を置いておくサービスとなります。

 

貸し倉庫は月額払いで契約することも多いのですが、たたみ1畳程度のスペースですと月額料金もそこまで高額ではありません。

 

戸建ての場合は物置などを設置し、そちらに荷物を置くこともできますが、マンションやアパートなどの場合どうしても収納スペースは限られてしまいます。

 

そういったときに、貸倉庫に扇風機などの季節家電や、バイクや普段使わない大型家具、自転車などを預けておくと、自宅もすっきりして良いでしょう。

 

貸し倉庫にはそれぞれに規約があり、置いておけないものもありますので良く確認するようにしてください。