引っ越しで失敗しないためのコツをお伝えするblog

引っ越しをする際に安易に行うと失敗してしまうことも多いですよね。賃貸物件の場合、退去時に敷金返還などでモメてしまうこともよくあります。それでもなかなか引っ越しはやり直しがききません。引っ越しで失敗したくない方に、業者選びや物件選びのコツ、大家さんへの対応、退去時の注意事項などをご紹介します。

初めての電話も要チェック!悪質引っ越し業者をさける方法

引っ越し業者とやり取りをするときに、電話は欠かせませんよね。

 

いくらインターネットを介して申し込んだとしても、見積もりの連絡など様々な場面で電話連絡が必要になってきます。万が一、契約から当日まで一度も電話連絡も無いような業者でしたら、それはそれで問題ですので注意しましょう。

 

引っ越し一括見積サイトなどを利用する際に電話番号の入力が必要で、それがいやだなぁと感じる方もいらっしゃるようです。

 

ああいったサイトを利用すると、引っ越し業者からの営業の電話が鳴り響き、仕事や家事など日常生活に影響を与えてしまって困ったという方も実際にいらっしゃいます。

 

一括見積サイトなどでは、電話連絡が可か不可(契約まではメールでの連絡のみ)か、連絡可能時間帯などを記入するサイトもありますので、そういったものを利用しましょう。

 

また、一部では電話番号入力不要や、電話番号を引っ越し業者に公開しないサービスを提供している見積サイトもありますので、そういったものを探してみてください。

 

もし、電話連絡不可としているのに電話がかかってきたり、連絡可能時間帯以外に連絡をしてくるなんていうようなことがあれば、それはもう悪質な業者だと判断して、引っ越し業者選びの候補から外して間違いありません。

 

では、他にはどのような場合、悪質な引っ越し業者かもしれないと思えばよいのでしょうか?今回は電話で分かる悪質な引っ越し業者の見分け方についてご説明していきましょう。

 

■業者選びに電話対応の良し悪しは重要!

 

引っ越し業者に電話をするときって案外ドキドキしますよね。初めての引っ越しで知識が乏しい場合は、そもそもどういった電話をしてもよいのかわからないなんていうこともあります。

 

業者の電話対応は、引っ越し業者ら選びの重要なポイントの一つとなりますので、電話口の態度をよく観察しましょう。

 

とくに注意をしなくてはいけないのは以下のような場合です。

 

○店名を名乗らない

「はい」や「もしもし」だけだと、本当に引っ越し業者に繋がっているのかわかりませんよね。また、悪質な業者の場合、他の業種などにも手を出しているため、企業名を名乗れないなんていうこともあるようです。

 

○態度が横柄・敬語が使えない

初めての引っ越しの場合、分からないことも多いですし、しどろもどろになってしまったり、専門用語などが出てくると意味が理解できなかったりしますよね。そういったときに上からの態度だったり、バカにしたような口調で話をしてきた場合は良い引っ越し業者とはいえません。

 

○なかなか電話を切ってくれない

まだ見積もりや契約なども意識していないけど、どういったものか気になるから電話しただけなのに、強引に見積もりや契約まで押し切ろうとする業者もいます。このような場合は一方的に電話を切って構いません。

 

○相見積をとるというと態度を変える・拒否する

稀に、相見積を拒否したり、渋ったりする業者もいるようです。このような業者はまずよくない業者だと思いましょう。また、相見積をしてから決めたいというと今まで友好的な態度だったのに、突然横柄な態度に変わってしまったなんていうこともあります。

 

■電話対応で荷物への心持もわかるんです!

 

社員教育の行き届いている会社…社会のモラルに則っている会社というのは、電話対応もしっかりしています。この電話対応が行き届いていない会社というのは、何らかの問題を抱えていると考えて間違いありません。

 

そもそも、お客様への態度が横柄なのに、「引っ越し作業は丁寧に慎重に行います!」といわれても信用できませんよね。電話対応で、良い業者を見つけるようにしましょう。