読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越しで失敗しないためのコツをお伝えするblog

引っ越しをする際に安易に行うと失敗してしまうことも多いですよね。賃貸物件の場合、退去時に敷金返還などでモメてしまうこともよくあります。それでもなかなか引っ越しはやり直しがききません。引っ越しで失敗したくない方に、業者選びや物件選びのコツ、大家さんへの対応、退去時の注意事項などをご紹介します。

荷造り中にでた不要品…いったいどう処分するのがお得?

引っ越しの荷造りをしていると、新居に持っていくものと、今回処分するものを決めていかなくてはいけませんよね。

 

案外整理していくと、処分する物の方が多くてびっくりする!なんていう方もいらっしゃるようです。

 

しかし、この不要な物たち…引っ越し当日までに何とか処分のめどを立てていないと、そのまま引っ越し先にまで持ち込むことにもなりかねません。

 

でも、大型ごみなどで出すと思ったよりも大きな金額がかかったりして焦ることもあります。

 

いったいどのように処分をすればお得でしょうか?

 

■不要品の処理の決定は最低でも引っ越し3日前までに!

 

引っ越しの際にでる不要品は、早めに処分できるならどんどん処分していった方が良いでしょう。特に最低でも3日前までにはある程度のめどをつけておきましょう。

 

なぜ3日前かといいますと、多くの引っ越し業者で契約・見積もりの変更可能が引っ越し予定の2日前とされているからです。

 

そのため、万が一処分方法がなく新居に運ばなくてはならないとなった時に引っ越し業者に相談し、スムーズな引っ越しをしたいと思うなら3日前までに決めておく必要があるのです。

 

■不要品の処分方法6つとは?

 

不要品の処分の方法としては、主に6つの方法があります。

 

・自治体の粗大ゴミ回収サービス

・引越し会社に処分を依頼

・不用品回収業者、ごみ処理業者に依頼

・友人にゆずる

・リサイクルショップで売る

・オークションサイト・中古品販売サイトに出品

 

主に、ごみとして処分する場合と、リサイクル品として売ったり譲ったりする場合です。

 

ごみとして処分する場合は所定の費用が掛かることになります。ただ、業者に依頼をすれば取りに来てくれますので、手間はかかりません。

 

引っ越し業者が不要品を引き取り処分してくれるサービスもありますので、壊れているものや、人に譲れるような状態ではないものは、こういった手段を使って処分した方が良いでしょう。

 

まだ使えそうなものや、使っていないけれど不要なものなどは、是非これを機に譲ったり売ったりしてみましょう。

 

上手くいけば思いもよらぬ値段がついて思わぬ副収入になる事もあります。ただし、手間や暇はかかりますので、引っ越しを決めたら早めに取りかかる必要があります。

 

友人に譲るのは欲しい人がいればそれで終わりです。ただ、そのあといろいろもめないように、傷や汚れ、動作不良などの注意点はきちんと確認しておきましょう。

 

リサイクルショップに売る場合は事前に調査をした方が良いでしょう。リサイクルショップによって、買取に力を入れている商品が違います。家電製品を高値で買い取る業者もあれば、家具などを専門に扱う業者もあります。

 

高値で買い取ってもらった方が良い場合は、それぞれ適した業者に売りましょう。

 

オークションサイトや中古品販売サイトなどを利用する場合は、時間がかかります。商品の写真を撮ったりする必要もありますし、説明文などもきちんと記載しなくては買い手が見つかりません。

 

手間はかかりますが、思いもよらぬものが高値になったりするので、興味のある方はやってみてください。ただし、こういったサイトの場合、買い手がつかないこともあり、その場合は別の処分方法を考える必要があるので注意しましょう。